家相・方位学

「人に相があり、幸・不幸があるように、家にも相があり、その相の吉凶によって、住む人が幸福にもなり不幸にもなる」

家は私達に最も身近で深い関係をもっています。生まれてから死ぬまでの長い間、寝起きから休息まですべて「家」によってなされます。
そしてこの家の相が「吉相」であるか「吉凶」であるかによって住む人の健康面、精神面、運勢面等に色々な影響を与え、家庭の幸運不運の別れ道ともなります。
例えば東に欠けのある家相ですと東は春の季節をあらわし草木が芽を出し生長していく方位で人物にとると長男をあらわす方位ですので、長男が順調に伸びず親を泣かせることばかりするようになったり、病気を患うのも家相の凶相と大きく関係し東方位の病気では肝臓・ゼンソク等を患うということになるのです。
以上のようなことを考えますと家相がいかに大切なものであるかおわかりになると思います。一生に何度もない家の新築をする際に、是非とも取り入れて頂きたいのが家相をよくした家を建てるということです。
不運を避けて幸運をひきよせ、家族が健康で子孫が繁栄するためには家相のよい家に住むことが大切です。

キョウセイ株式会社では『家相・気学』に関するご相談をお受けします。

また、弊社では『家相・気学』に関してまとめた本も作っています。
こちらのお問い合わせもまずはメールをお送りください。


『家相・気学』
あなたの家庭に幸を呼び込む家づくり
キョウセイ株式会社